たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

じい&ばあの「孫の似顔絵展」

 「じいとばあ」が手間暇かけて、楽しみながら描き上げた「似顔絵・次世代を担う子ども達への贈り物」展を観てきました。
描いたのは岡野勝さん73歳とその友人たち。私が岡野さんと初めてお会いしたのは27年前、「もしもししんぶん」を創刊して間もない頃でした。すでに多摩ニュータウンで初のデリバリーピザの店を開店され、広告掲載の依頼をいただいたのがきっかけです。その後65歳で引退されましたが、再び「孫の似顔絵展」の掲載依頼をいただくようになりました。

 久しぶりにお会いして、懐かしさに思わず握手。元気でいたからこその再会です。
 「好きな絵を描くことで、自分なりの社会奉仕ができたら」と、孫たちの似顔絵を描き続けている岡野さん。今年6回目の展覧会です。きっかけは「孫たちへの”愛”」そのもの。「キャンバスの中の孫と語り合いながら筆を持つ時間は楽しく、心が和みます」と岡野さん。1枚1枚の絵には、「じいとばあ」の温かいメッセージが綴られています。

「小学校入学おめでとう!ランドセルとてもお似合いよ」「高校入学おめでとう。初登校の愛、これからは目標を決めて何事にも前向きに」「愛犬ココアと…」等々、お孫さんの成長を愛おしく見守る岡野さんの想いが伝わってきます。
 最近では地域の公園で出会った子ども達の似顔絵を頼まれることも多くなりました。もちろん無償です。この日の展覧会場には名前のわからない似顔絵もあり、モデルになった方の申し出を待つコメントが添えられていました。
 次世代に生きる孫たちへの大きな愛が、「平和」という小さな種子となって、子ども達の命に根付くに違いありません。
   


  • 2012年07月22日 Posted by たまのばあちゃん at 23:28Comments(3)現役じいちゃん奮闘記

    95歳で宇宙食ラーメンを発明した「安藤百福」の生涯に感動

    仕事の忙しさに、すっかりご無沙汰してしまいました。
    6月28日、八王子商工会議所女性経営者の会『シルクレイズ』の研修視察で日清カップヌードルミュージアムに行きました。日清食品創業者・安藤百幅(あんどうももふく)記念館でもあり、世界初のインスタントラーメン”チキンラーメン”を発明し、世界ラーメン協会会長として業界の発展のために尽くした氏の生き様を知る貴重な施設です。
    96年間の生涯を通じて持ち続けたのは「クリエイティブな発想」と「最後まであきらめない執念」。
    その、食を創り世のために尽くした氏の「発明」を紹介します。(資料:「安藤百福発明記念館」パンフレット)
    1、48歳(1958年)第1の発明「チキンラーメン」
    大阪池田市の自宅裏庭に建てた小屋で、1日平均4時間という睡眠時間で1年間1日も休まずにたった一人で研究を続け、お湯があれば家庭ですぐに食べられるラーメン「チキンラーメン」を開発。「魔法のラーメン」と爆発的な人気を集めました。
    2、61歳(1971年)第2の発明「カップヌードル」
    アメリカに視察に行った際、スーパーの担当者たちが「チキンラーメン」を小さく割ってカップに入れお湯を注ぎフォークで食べる様子を見た氏は、インスタントラーメンを世界に広めるカギは、食生活の壁を越えることだ気付く。様々な智慧と革新的な発想を結集し『カップヌードル』を誕生させました。日本で生まれたインスタントラーメンはまさに「世界食」に生まれ変わったのです。
    3、95歳(2005年)第3の発明「スペース・ラム」
    「宇宙食を開発したい」という氏の夢の実現を95歳にして実現。無重力状態で食べる宇宙食ラーメンは宇宙空間でも人類の「食」を支えることになりました。

    世界初のインスタントラーメンが誕生した「百福の研究小屋」と全長約58メートルの大パノラマで紹介する「安藤百福ヒストリー」。97歳まで生涯現役で生きた氏の言葉が感動を呼びます。
    その他世界でたったひとつだけのオリジナル「マイカップヌードル」を作るファクトリーも。小さな子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで楽しめるミュージアムです。  


  • 2012年07月07日 Posted by たまのばあちゃん at 14:45Comments(4)現役じいちゃん奮闘記