たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  多摩市 多摩市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

「地域と私・始めの一歩塾」がスタート!

 多摩・市民プロデュース研究会主催の「一歩塾」が始まりました。これから4月8日、22日の3回連続講座です。今日は、地域で何を発信したいのか、何を「見える化」するのか、を自分自身に問題提起することがテーマでした。そして、宿題は、ブログを立ち上げ、投稿し、塾生や講師のブログにコメントをする。更に、たまTOWNTIPに登録、多摩一歩塾プロジェクトに入る、といったものです。
 私は団塊世代の一人。生涯現役で現在の仕事を続けることが夢ですが、この町のシニア世代や子育てを終えた女性たちが、地域で生き生きと生きていくお手伝いもしていくことが、私の役割だと思っています。そのために何がしたいのか、何ができるのか、試行錯誤しながら、ブログで想いを発信して行こうと思います。
 第2回目の講座が楽しみです。  


  • 2012年03月25日 Posted by たまのばあちゃん at 23:58Comments(1)多摩・市民プロデュース研究会(TPK)

    岩手ぴかぴか大作戦「復活暦」

     あの3,11から1年。自ら被災しつつも、復興支援に尽力する方の言葉が心に残りました。「支援は、自分は上にいて、困っている人を引き上げることではない。下から支えることです」と。阪神・淡路大地震以来「心のケア」という言葉が言われるようになりましたが、「ケア」とは「困難に直面する人を見て自分自身が声をあげ、悲しむこと」だといいます。新聞紙上で。共に泣き、支え、歩み続ける東北の方々の様子を読むたびに胸が熱くなり、被災地の方々から逆に勇気をいただいています。
     先日岩手県で「復活暦」を制作されている老田さんとお会いしました。時の経過とともに薄れゆく東日本大震災の被害を風化させないために作られた「山田町復活暦」「釜石復活暦」「大槌町復活暦」。災害に負けず立ち上がる人々が主人公のカレンダーです。毎年同じモデル、同じ場所で撮影し、復活して行く風景を掲載する暦。被災地の方々の力強い笑顔が「負けない心」を伝えています。売上(定価1500円)は地元で雇用を作る亊を目標にした素晴らしい企画です。ぜひ、下記のホームページにアクセスを! 「もしもしねっと」でも情報を発信しています。

     岩手ぴかぴか大作戦 http://iwatepikapika.com/
       


  • 2012年03月12日 Posted by たまのばあちゃん at 02:51Comments(0)もしもしねっと